「お金が欲しいけど働きたくない」という人がサクッと稼ぐ方法

「外に出たくない」

「家にいながらお金を稼ぎたい」

「会社勤めが続かない」

「人付き合いが苦手」

なんていう風に思っている人、少なくないのでは?

私も毎日会社に行くのが苦痛、人に指示されるのが嫌い、という理由から、まともな社会人生活を送ることができませんでした。そこでお金を稼ぐ方法として行き着いたのがアフィリエイトでした。

こちらでは、「会社で働きたくない!」という人におすすめの働き方をご紹介していきます。

会社勤めだけが、働くということではありません!

最近は働き方が多様化してきており、自分に合った働き方を追求する人が増えています。会社勤務の他、自宅で働く人や投資で稼ぐ人など、お金を稼ぐ方法は多様化。

本音としては会社で働きたくないけれど、お金のために我慢して働いている人も、大勢いますよね?なかには、働きたくないから、そのままニートになる人、引きこもる人もいます。

今回は、働きたくない理由にフォーカスしていくと共に、会社で働きたくない人や、自分の好きなことで稼ぎたい人に、どのような選択肢があるのかご紹介していきますね。

なぜ働きたくないのか?

  • 過労で疲れている
  • 職場環境が悪い
  • 休みがとれない
  • 単純に、仕事がおもしろくない
  • コミュニケーションが苦手
  • うつ病
  • トラウマを抱えている
  • 上司から指図されるのが嫌い
  • 決められた時間に、決められた場所に毎日行くのがしんどい
  • 対人恐怖症で、人と会話するのが怖い
  • 引きこもりになっている

働きたくない理由は上記のように、本当に様々です。職場には優しくて話しやすい人もいれば、不親切な人や怖い人もいて、自分と馬が合わない人も多くて当然です。

人付き合いが苦手で、コミュニケーションをとることに苦痛を感じやすい人にとっては特に、そのような不得意な環境でコミュニケーション+仕事をこなさなければいけないのは、ダブルの負担になってしまいますよね。それならいっそのこと、人と関わらない仕事を探せばいいのです!

会社はコミュニケーションなくしては仕事が成り立ちません。しかし世の中には、会社に行かなくてもお金を稼げる方法は、たくさんあります。

働きたくないけどお金が欲しい人がお金を稼ぐには?

  • 清掃員
  • 警備員
  • トラックの運転手
  • 工場のライン勤務
  • アフィリエイト
  • ネットショップ開業(=せどり)
  • 小説家
  • 漫画家
  • ギャンブラー
  • 新聞配達
  • 農家
  • バイク便
  • 飲食店のオーナー(開業)
  • 自販機の補充スタッフ(ルートセールス)

上記で取り上げた職業は、一般の会社員と比べたらコミュニケーションの必要性がさほどありません。特に株、小説家、漫画家、アフィリエイトなどは、自宅にこもりっきりでも稼げる方法です。

警備員やルートセールス、清掃員、工場の流れ作業などは、業務前後に同僚や上司と簡単なやりとりはありますが、仕事中は基本的に一人で任されることが多く、基本的には無言なので、会話が苦手な人でも働きやすいです。

とにかく楽して稼ぎたい人向け

お金を稼ぐのために、あまり時間や労力をかけたくない、要領良く稼ぎたいという贅沢な方には、以下のような稼ぎ方をおすすめします。

  • 治験→(薬が人体に及ぼす影響や効果について、体を使ってリサーチし検証するお仕事です)
  • プロのゲームプレイヤー
  • 不動産投資
  • デザインを売る
  • 交通量の調査

宝くじ

賭けごとにはなりますが、ちょっとした小遣い稼ぎから大当たりまで、希望があるのが宝くじです。ギャンブルのくくりにはなりますが、宝くじで稼げたら、労力はほとんどかかりませんよね。

一番気軽にできてオススメなのが、「ナンバーズ」です。ナンバーズ3では3つの数字を、ナンバーズ4では4つの数字を選べばいいだけなので、簡単です。一口たったの200円だから、平日毎日一つずつ買ってもいいですよね。毎日夢を買うような気分で、楽しめます。

ギャンブル(パチンコ、競馬など)

ギャンブルでがっぽろ稼いでいるプロのギャンブラーは、確かに存在します。しかしそれはほんのひと握りであって、ギャンブルを提供している国や会社は、お金を稼がせるために運営しているわけではありません。

あくまで自分たちが利益を出すためであり、ギャンブルを気まぐれに続けていると、99%損します。

それでも本当に勝ちたいという強い意思があるあなた。あるいは、働きたくないからギャンブルで儲けたいと、ギャンブルを本職にしようと考えているあなた。損する確率が極めて高いギャンブルですが、ギャンブラーとして生計を立てることは、決して不可能ではありません。

賢いやり方としては、「控除率」が低いギャンブルを選ぶことです。

国が運営しているギャンブルは、「公営競技」と呼ばれています。代表的な例を言えば競馬で、控除率は20%~30%です。なんだ、控除率高いじゃん!と思った方もいるでしょう。

しかし、レースや馬券の買い方によっては、控除率が変動します。競馬の場合、「単勝」と「複勝馬券」の2種類あります。

単勝は、1着の馬をあてる馬券で、複勝馬券は3着以内に入る馬を当てる馬券です。この2種類は、控除率が20%になります。しかし、1着と2着を当てる「馬連」になると、控除率は25%に上がります。このように、あなたがどの馬券を選ぶかによっても、控除率は大きく変化してくるのです。

また、パチンコの控除率は10%~15%です。

好きなことをして稼ぎたい人向け

特に好きな仕事というわけではないが、お金のためだと思って働いているという人は多いです。しかし中には、本当に自分の好きなことだけで稼ぎたい!というこだわりの強い人もいますよね。好きなことでお金を稼ぎたい場合、どうすればいいのでしょうか?ここに、通りの方法をご紹介します。

  • ブログを開設する
  • ハンドメイド商品を売る
  • 自宅をレンタルする
  • 電子書籍を販売する
  • デザインTシャツを作る
  • LINEスタンプを作る
  • 英語翻訳
  • オークション
  • 文学の公募サイトで賞をとる
  • You tuberになる(コンテンツを作る)
  • アプリのレビューをする
  • 個人ネットショップで商品を売る

趣味を仕事にする(ハンドメイド販売・イラストレーターなど)

「趣味を仕事にする」ということについて、深く掘り下げていきましょう。どうすれば趣味を仕事にできるのか、そのアプローチ方法についてご紹介していきます。

自分の趣味を発信する

今はパソコンから、様々な情報を不特定多数の人に発信することができます。あなたが大好きで、専門としている分野があれば、その分野についてのブログやサイトを作り、動画や文章、画像で発信することができます。アクセス数が伸びて、あなたのサイトやブログが人気になれば、それだけ収入も増えて、ビジネスとして十分成り立つ可能性は出てくるもわけです。

免許を取得する

あなたの趣味が仮に料理だとして、料理に関連したお仕事をしたいなら、調理師の免許をとることから始めると、一歩前進です。看護の仕事に進みたいなら看護師の免許、ヘアスタイルやおしゃれが大好きな人は、美容師の資格をとるのもいいでしょう。あなたの趣味が英語だとして、英語関係のお仕事につきたいと考えているなら、英語検定やTOEICの資格をとるなど、アプローチが必要です。民間であれば公的であれば、資格があると優遇されることも多いですし、特定の資格が必須の企業もあります。また、必須でなくても、資格を持っていることで、ただの趣味だけでなく、深く学んで技術を持っていることの証明にもなり、信頼されるようになります。

プロフェッショナルになる

今は趣味程度でも、もっと深く掘り下げていくと、プロになることもできます。今の技術はアマチュアでも、プロになることで、視野が広がってきて、仕事に結びつく機会も増えてきます。

例えばものを作る趣味があれば、趣味としてではなく、お客さんにそのモノを売れるようになるくらい腕を磨くと、自分が作ったモノを使ってハンドメイド販売ができ、ビジネスにつながります。作家や漫画家、イラストレーターも同じです。

アマチュアとして、趣味程度でイラストや漫画、小説を書くことは簡単です。しかしプロになれば多くの人に認められ、やがて賞をとることができ、キャリアになります。

大企業に自分のイラストを買ってもらえたというのも、今後役立つ実績になりますし、自分の知名度やプロとしての実力をアピールできるため、仕事のオファーも次第に増えるでしょう。

好きなことで起業する

好きなことで起業している人たちもたくさんいます。人と関わるのが苦手であれば、自分自身が起業家となって、新しい仕事を始めればいいのです。起業は大変…というイメージが先行してしまうかもしれませんが、起業にもメリットがあります。

【メリット】
  • 人見知りでもあまり支障がない
  • スキルがいらない
  • 資格は必須ではない
  • 才能も必要ない
  • 会社員時代、仕事が全然デキなかった人でもできる
【デメリット】
  • 収入が安定しない
  • スケジュールを自己管理しなければならない
  • 365日がほぼ営業
  • 年金や保険料も自分で支払わなければならない
  • 休日がほとんどない
  • 過労になりやすい

一番効率的でリスクが少ない方法としては、会社員を続けながら、起業の準備をすることです。

起業して軌道になりそう!といった見込みが高くなったら、退社することを検討するといいでしょう。

人と接するのが嫌いな人向け

元々人付き合いが苦手で、コミュニケーションがスムーズにできない人もいますよね。人と会話するのは苦手でも、孤独には耐えられるという人は、人と接しない仕事を選べば、ほぼノーストレスで働けるでしょう。ここでは、職場が一人、あるいは企業に属していても、あまり人としゃべらないようなお仕事、自宅で勤務できるお仕事などをご紹介します。

  • データ入力
  • 翻訳作業
  • 校閲
  • 土木系職人
  • 倉庫内の仕分け作業
  • プログラマー
  • 農業
  • 動物の飼育員
  • 伝統工芸家
  • 植木職人
  • 電気検針員

ネットビジネス(アフィリエイト・ブログなど)

最近は、さまざまなネットビジネスが出てきていますが、その中でも気軽に始めやすいのが、アフィリエイトやブログです。もちろん、すぐ始めたからといって、安定した月収が入ってくるわけではありません。アフィリエイターの中には、2年間かけてアフィリエイトに取り組み、やっと芽が出たという人も多く、基本的に、稼げるようになるまで長期戦となります。

また、長くやっていたからといって、収入が高くなるようなものでもないため、稼げる保証はないのがデメリットになります。

しかし、ブログやアフィリエイトの仕事は、自宅でもカフェでもどこでもできるのが魅力であり、人付き合いが苦手な人も、会社のように束縛されず、自由気ままにお仕事できるのが強みです。

在宅ワーク(ライティング・データ入力など)

人と話さなくて済むと言えば、やはり在宅での仕事です。外に働きに出ると、仕事中は無言で良くても、勤務時間外で、ちょっとした会話や飲み会などの付き合いが出てくるでしょう。

しかし、在宅ワークであれば、最初から最後まで家の中でもできるため、自己完結できます。メール上での付き合いはありますが、基本的に、直接人と会って話すことがないです。

在宅ワークの種類も多様ですが、代表的なものは、データ入力やライティングのお仕事です。

パソコン1つあればできるお仕事で、話し相手がいなくて孤独でも、コツコツとひたすら打ちこみをしていても苦にならないような方が向いています。

FX・株・仮想通貨

人と関わらなくて済むお仕事の中には、

  • FX
  • 仮想通貨

があります。

FXは、株よりも手軽にできるのが魅力です。

本人確認書類を出して、口座を開くことによって取引ができます。最近では、スマホで取引できる会社も増えたため、パソコンを使わなくても、スマホさえあればFXができるのも魅力です。

  • 10000円という小額からできる
  • スマホでできる
  • 24時間取引ができる
  • ただし、デメリットになることもあります。
  • 株よりも難しい
  • リスクが高い

最近は新たに、「仮想通貨」というのも加わりましたよね。

取引の流れは、FXとほぼ同じであり、スマホがあれば仮想通貨での取引ができます。

ただし、株やFXよりも後に出てきた概念なので、難易度が高いのがデメリットです。

絶対に働きたくない人向け

人と関わらない仕事でもなくても、とにかく絶対に働きたくない!という場合は、どのように生活したらいいのでしょうか。

絶対働きたくない人におすすめの方法もありますが、ガッツリ稼げるというわけではないため、あらかじめご了承ください・・・

  • 失業給付を受ける
  • 国からの給付金(生活保護など)を受ける
  • コミュニティで暮らす(衣食住が完全無料になる。ヨーロッパの某村や、某宗教では、自給自足をしてみんなで暮らせる場所を提供しています。日本にもどこかにあるかも???)
  • ネットでカンパを募る
  • 結婚してパートナーに養ってもらう

パパ活・ママ活

ママに好かれてお小遣いをもらうのがママ活で、悪い言い方をすればヒモです。

ママに好かれやすい男性というのは、

  • 筋肉体質
  • 夢に向かって頑張っている
  • 高学歴
  • イケメン
  • 清潔感がある

であることが多いいようです。

この逆パターンが、パパ活です。ケースバイケースでしょうが、パパ活の場合、学歴はあまり関係なく、可愛くて自分より若い女性だと好かれるようで、ママ活に比べるとハードルは低いです。

ただ、パパ活・ママ活は肉体関係を強要されたり、怖い第三者が裏から出てくる可能性もゼロではないということは心に留めておきましょうね。

専業主婦(主夫)になる

絶対働きたくなければ、専業主婦(主夫)となって、家事や育児だけを担当する代わり、働かないという方法もあります。

しかしこの場合、パートナーが代わりにお金を稼いでいなければなりません。

どちらか一方の収入が多く、その収入で生計が成り立つ場合、自分は働きに出ず、育児や家事を担当していれば、食べさせてもらうことができます。一般的に、結婚していることが前提です。

「お金が欲しいけど働きたくない」という人がサクッと稼ぐ方法まとめ

正直働きたくない、人と関わらずに働きたいと考える人は、多いはずです。

昔は社会人になったら会社勤めが基本中の基本でしたが、現代はインターネットを通じてさまざまな仕事が生まれているため、働き方も多様です。

安定した収入が得られるのはやはり、企業に属して勤めることですが、上記で挙げたように、会社勤めでなくても稼げる方法は何種類もあることが分かりましたね。

その中には、一日中誰とも会話しなくて済むような仕事もあれば、関わりがあるけれど、勤務中は無言で作業するという仕事もありました。

また、何が何でも働きたくない!といった方にも、いくつか選択肢が残されています。安定した収入や、大金が稼げるというのには程遠くなるかもしれませんが、自分の好きなことで稼ぐ、楽しみながら稼ぐことへの比重が重い人は、上記の働き方を、ぜひご参考にしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。